死後の世界

前回が「死語の世界」だったので

今回は本当の

「死後の世界」    (笑)





というのも

僕の友人で危なかったのがいるんです



必ず聞くのが





三途の川見た?






必ず、






見た







って



言いますね









一人は

「川」なのかどうかわかないけど

靄(もや)のような状態で向こう(対岸?)に知り合いがいて

ニコニコ笑ってるそうです

で、向こうに行かなきゃいけないと思って

進むと川の様な所があって途中

「おーい○○(名前)」という声が聞こえ上を見ると

手が見えたのでその手をつかんだら

目が覚めて(数時間危篤状態だったそうです)無事生還





じつは、この話に近い話(振り向いたら生還とか)は

数人(お客様も含めて)に聞いてます

その都度、





三途の川ってあるんだと思いますね






また、他の友人は

心臓が悪く病院に運ばれたそうです

で、意識が朦朧(もうろう)とした中、

会話をしている看護師さんと医者の様子を覚えているそうです(声だけね)

体は動かなく、何も感じないそうですが音は聞こえるそうです

それまで笑っていた医者たちですが、

心電図(だと思う、、、、音だけだから)の音が


ピッピッ、ピッピッ、ピッピッ、ピーという音が聞こえたそうです

次の瞬間、医者の「うわ、やべ」っていう声が聞こえ(笑)

電気ショックを取り付けられ(おそらく)


ドンッ!!という音が聞こえたそうです


身体は何も感じないそうです

それを数回、繰り返し

心電図の音(だと思う)がピッピッ、ピッピッ、ピッピッ、、、、、、

という音が聞こえ

医者の

「ああ、焦ったなあ(笑)」という声を覚えているそうです

そいつは

三途の川は見てないそうです






ちなみにこの話の主人公は二人とも健在です







あくまでも、友人の話なので

信じる信じないは、お任せします

僕はUFOよりは信じるかな(^_-)-☆



実はUFOも結構信じてますけどね(笑)









「死」というものを茶化す気はありません
「生」を受けた瞬間から「死」はあると思ってます
なので、その「時」の為の


心構え

とでも思ってください、、、、、
スポンサーサイト





ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
2017-03-19 : ひとりごと : コメント : 24 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント
  • 加夢さんにだけ見せてア・ゲ・ル (笑)
  • 管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-19 08:02 : : 編集
    おはようございます
    私の周りではそういう経験した方がいないので、わからないのですが、やっぱりあるんですね

    でも私、明日には死んでるかも・・・って思って眠りに入った事、1度だけあります
    無事に朝は迎えられましたが。。。

    まだ死を迎えたくないな。
    家のいろんな事を片づけないと後悔すると思う
    2017-03-19 09:08 : 豆兄弟の母 URL : 編集
    ありますね。
    こんにちは。
    個人的に臨死体験はありませんが、妹が亡くなった後に見ています。死に目に会えなかったので、死亡時刻前後に目が醒める度、瞑想をしていた時のことです。
    妹が私の名前を呼ぶ声がして、瞑想の中で目を開けると、妹がいて、その場所には数え切れないほどの人が待っています、向こう側に渡るのを。
    先が見えないほど広い河原です。
    「三途の河」と呼ばれるものはあると思ってます。
    もう一人死に目に会えなかった、子供の時に物凄く可愛がってくれた父方の祖母がいるのですが、彼女は白装束を着た姿で、お別れに来てくれました。その時はヨーロッパにいて、亡くなったと知らせが届いたのは、その約1週間後のことでした!
    時空間はあって無いようなものだと思ってます。良く生きることは良く死ぬことだ、と云うような言葉がどこかにあったと思いますが、来たるべき「死」を疎かにしては、良く生きることもできないだろうと折に触れて考えますね。
    通常目に見えない世界は、こちら側と同じに非常に大切です。
    2017-03-19 09:13 : yokoblueplanet URL : 編集
    こんにちは
    そういうのってよく聞きますよね。
    我が家の義母は、お盆の時に亡くなったのですが、亡くなる前日に義母が『おとうさんがお盆で帰る時にわたしも連れていってほしい。おとうさんにお願いする』と言っていました。
    まさか、翌朝亡くなっているなんて予想も出来ませんから、笑ってごまかしていたんですが。
    義母の葬儀の時に、ご近所さんも親族も、義父が義母を連れて帰ったのかもと話しましたね。

    記事を読んで、本当に義母は義父に会って嬉しくってそのまま義父の呼ぶままに付いていったんだろうなって、思えました。
    2017-03-19 14:20 : カミさん URL : 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-19 16:50 : : 編集
    こんばんは~
    三途の川ってあるのかなとずっと思ってたんですが、やはりあるんですね。
    私はブログでも何度も書いてるんですが金縛りで手が必ず出てきます(;@@)昨夜も~手だけが体に貼りついて動くのです。中学生の時からなので、この意味が知りたいけどなかなかわかりません。
    後、夢の中で楽しく団欒してるんです。でも待てよ~今いる人みな既に亡くなってる友達やわ~て(@@)で、2日前も同じ楽しく話してたら、石立鉄男とか亡くなった芸能人ばかり。笑いながら私の腕をひっぱるんです。ついて行かなかったんですがもしついて行っていたらどうなってるのかなと思いました(→。←)
    一応まだ?私は健在中だと思いますw
    2017-03-19 19:24 : 桃咲マルク URL : 編集
    意識は失ったことがあるけど、三途の川、ありそうですよね
    私も信じてます
    でもいつか来る死、そういう場面を迎えることがいずれ来るんですよね
    それまでは一生懸命全うしたいです
    2017-03-19 20:27 : Yottitti URL : 編集
    臨死体験はないからなぁ~どうなんだろう?
    叔父が体験したらしく、術後意識が戻らない時に亡くなった父親(もふもふにとってはおじいちゃんね)がこっちに来るな!って手で追い払われたらしくそこで目が覚めたって言ってたわ。
    幽体離脱で元に戻った瞬間 目が覚めたとか・・あるのよね。科学では解明できない不思議な現象はたくさんからもふもふはプチ肯定派よ!
    UFOは見たことないなぁ~。見たら信じるだろうけど・・。キャキャ
    2017-03-20 00:22 : もふもふ URL : 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-20 00:23 : : 編集
    こんにちは♪

    不気味なお話ですね^^
    父母の死に目にも会えんかった
    親不孝者です・・・

    2017-03-20 17:06 : トマトの夢3 URL : 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-20 18:54 : : 編集
    鍵コメ さま
    43歳、、、かあ、それは辛いなあ
    僕の友人(この記事の主役)もちょうどその頃だったんですが
    たまたま近くに人がいたので助かったんでしょうね
    一人の時間は「恐怖」です
    何かあると怖いもんね

    姪っ子さん、、、、、
    うる覚えですが、、、、、
    自営してると一人では無理です
    子供が高校生となると僕と同年代かあ、、、、

    「死」というのは
    間違いなく来ますからね
    その覚悟はしないとね、、、、
    2017-03-20 20:03 : 加夢 URL : 編集
    豆兄弟の母 さま
    > 私の周りではそういう経験した方がいないので、わからないのですが、やっぱりあるんですね
    >
    > でも私、明日には死んでるかも・・・って思って眠りに入った事、1度だけあります
    > 無事に朝は迎えられましたが。。。
    >
    > まだ死を迎えたくないな。
    > 家のいろんな事を片づけないと後悔すると思う

    うん、あるみたいですよ
    今までに10人くらいはそういう話を聞きました
    孫の顔、、、とまではいわないけど
    子供が仕事するまでは生きていたいなあ
    それまでが責任ですからねえ(;^ω^)
    2017-03-20 20:05 : 加夢 URL : 編集
    yokoblueplanet さま
    > こんにちは。
    > 個人的に臨死体験はありませんが、妹が亡くなった後に見ています。死に目に会えなかったので、死亡時刻前後に目が醒める度、瞑想をしていた時のことです。
    > 妹が私の名前を呼ぶ声がして、瞑想の中で目を開けると、妹がいて、その場所には数え切れないほどの人が待っています、向こう側に渡るのを。
    > 先が見えないほど広い河原です。
    > 「三途の河」と呼ばれるものはあると思ってます。
    > もう一人死に目に会えなかった、子供の時に物凄く可愛がってくれた父方の祖母がいるのですが、彼女は白装束を着た姿で、お別れに来てくれました。その時はヨーロッパにいて、亡くなったと知らせが届いたのは、その約1週間後のことでした!
    > 時空間はあって無いようなものだと思ってます。良く生きることは良く死ぬことだ、と云うような言葉がどこかにあったと思いますが、来たるべき「死」を疎かにしては、良く生きることもできないだろうと折に触れて考えますね。
    > 通常目に見えない世界は、こちら側と同じに非常に大切です。

    実はね、この話を聞いてから
    「死」に対して恐怖心が無くなったんですよ
    向こうに行きたい気持ち、、、、、が
    「自然」にあるということは
    むしろ「この世界」の方が「修行」なのかもって思ってね
    「幽霊」っているのかもしれないけど
    怖さよりもそういう時の方が
    「あちら」の世界と  「こちら」の世界  を
    結んでいるのかもね
    僕は「科学至上主義者」ではないので
    この世が「修行の場」だと思って
    生きていきたいと思ってます(^◇^
    2017-03-20 20:12 : 加夢 URL : 編集
    カミさん さま
    > そういうのってよく聞きますよね。
    > 我が家の義母は、お盆の時に亡くなったのですが、亡くなる前日に義母が『おとうさんがお盆で帰る時にわたしも連れていってほしい。おとうさんにお願いする』と言っていました。
    > まさか、翌朝亡くなっているなんて予想も出来ませんから、笑ってごまかしていたんですが。
    > 義母の葬儀の時に、ご近所さんも親族も、義父が義母を連れて帰ったのかもと話しましたね。
    >
    > 記事を読んで、本当に義母は義父に会って嬉しくってそのまま義父の呼ぶままに付いていったんだろうなって、思えました。

    「死」って悲しい時も多いですが
    こういう時は、なんだかほっこりしますね
    きっと、あちらの世界で仲良くしてるんでしょうね
    いや、ほんとに
    連れて行ってくれた、、、じゃなくて
    付いていったのかもね(^◇^)
    2017-03-20 20:15 : 加夢 URL : 編集
    鍵コメ2 さま
    そちらに行きます(^◇^)
    2017-03-20 20:16 : 加夢 URL : 編集
    桃咲マルク さま
    > 三途の川ってあるのかなとずっと思ってたんですが、やはりあるんですね。
    > 私はブログでも何度も書いてるんですが金縛りで手が必ず出てきます(;@@)昨夜も~手だけが体に貼りついて動くのです。中学生の時からなので、この意味が知りたいけどなかなかわかりません。
    > 後、夢の中で楽しく団欒してるんです。でも待てよ~今いる人みな既に亡くなってる友達やわ~て(@@)で、2日前も同じ楽しく話してたら、石立鉄男とか亡くなった芸能人ばかり。笑いながら私の腕をひっぱるんです。ついて行かなかったんですがもしついて行っていたらどうなってるのかなと思いました(→。←)
    > 一応まだ?私は健在中だと思いますw

    いやあ、それは
    洒落にならない夢ですね(笑)
    僕は金縛りも怖い夢もないのですが
    笑いながら腕を引っ張る、、、、、
    これは怖いでしょ?
    ついていかなくて正解ですよね、、、、(;^ω^)
    2017-03-20 20:19 : 加夢 URL : 編集
    Yottitti さま
    > 意識は失ったことがあるけど、三途の川、ありそうですよね
    > 私も信じてます
    > でもいつか来る死、そういう場面を迎えることがいずれ来るんですよね
    > それまでは一生懸命全うしたいです

    僕は全くそういう経験がないので
    人の話しか知りませんが
    あるんでしょうね
    じゃなきゃ「三途の川」なんて言葉は生まれないもんね

    むしろこの世界の方が「修行」なので
    一生懸命生きないとだめって話を聞いたことがあります
    ホントかどうかわからないけど
    一生懸命生きてみます(^◇^)
    2017-03-20 20:22 : 加夢 URL : 編集
    Re: タイトルなし
    > 臨死体験はないからなぁ~どうなんだろう?
    > 叔父が体験したらしく、術後意識が戻らない時に亡くなった父親(もふもふにとってはおじいちゃんね)がこっちに来るな!って手で追い払われたらしくそこで目が覚めたって言ってたわ。
    > 幽体離脱で元に戻った瞬間 目が覚めたとか・・あるのよね。科学では解明できない不思議な現象はたくさんからもふもふはプチ肯定派よ!
    > UFOは見たことないなぁ~。見たら信じるだろうけど・・。キャキャ

    僕も経験はないんですが
    そういう話があるから「三途の川」ってキーワードもあるんだろうし
    UFOにしても「火の無いところに煙」は立ちませんからね
    科学が全てではないでしょうね(^◇^)
    2017-03-20 20:24 : 加夢 URL : 編集
    鍵コメ2 さま
    いえいえ
    たいした事が出来ませんで(;^ω^)
    2017-03-20 20:25 : 加夢 URL : 編集
    トマトの夢3 さま
    > こんにちは♪
    >
    > 不気味なお話ですね^^
    > 父母の死に目にも会えんかった
    > 親不孝者です・・・

    不気味というか、きっと僕も経験するだろうなっていう
    シミュレーションができたのがありがたいかなあ(笑)
    ご両親の死に目に会えなくても
    ご両親はきっとわかってくれてますよ
    だって「親」だもん
    「親」は「子供」はいつまでたっても「子供」だもん(^◇^)
    2017-03-20 20:29 : 加夢 URL : 編集
    鍵コメ3 さま
    こちらこそすいません
    ここ数日、ネット環境とご無沙汰でした(;^ω^)
    2017-03-20 20:30 : 加夢 URL : 編集
    私、七歳の時に祖父が亡くなって
    それから私が高校生になるまで毎晩 祖父の夢を見ていました。

    それが・・・
    大きな鉄の門の前から始まります。
    天井が見えないほどの大きな門。
    それがギギギーと音を出して開きます。
    中に入ると、目の前に川が流れていて赤い欄干の橋が架かっているのです。
    橋以外は、銅の色をしています。
    その橋を真ん中まで渡ると、川の上流からハスの花が流れてきます。
    その川は、急な流れ・深い場所・浅瀬で穏やかな流れの3か所に分かれています。
    川の向こう岸はお花畑になっていて、祖父が立っている。
    そんな夢でした。

    大人になっても忘れることの無い夢で、和尚さんに話したら、心配で見守っていたのでしょうと言われました。

    人は、聴覚だけはしばらく残っていると聞きますよね。心臓が止まっても音だけは聞こえるとか。
    私の母も危篤状態の時 意識は無かっただろうけど
    話しかけたら反応してくれました。
    もう少しシツコク名前を呼んだら戻ってきてくれたのかな…?なーんてね。
    2017-03-21 11:15 : mikan-tii URL : 編集
    私も2回ほど意識を失って救急車で運ばれてますからねぇ・・・
    三途の川は知りませんが
    どこからか遠くで私の名前を呼んでるのです
    それが少しずつ大きくなってきて
    意識が戻るというか
    現世に帰ってきたというのか・・・

    徐々に意識が戻ってくるとね
    なんか恥ずかしいですよ
    不思議なもんです。

    ただ」・・・

    救急車で2回運ばれたの
    両方素っ裸やったんです(爆)
    どっちも風呂場で倒れたので(笑)

    次に救急車乗るときは服を来て乗りたいと思ってます。
    だはははは~!(^^;)
    2017-03-22 18:31 : かのぼん URL : 編集
    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    プロフィール

    加夢

    Author:加夢
    加夢です
    よろしくおねがいします

    読み逃げ大歓迎
    コメント大歓迎
    ただ、記事に関係の無いサイト宣伝、商品宣伝など
    のコメントは削除させていただきます
    ご容赦願います

    リンクフリーです。
    基本的に相互リンクをお願いしているので、リンクされる場合には一言お声をかけていただくと嬉しいです。
    その際こちらも貼らせていただきますが
    アダルトサイトなど、当方が不適切だと判断されたサイトは相互リンクをお断りする事があります。
    アダルトサイト大好きなんですけどね(笑)
    よろしくお願いします。

    営業時間

    OPEN  AM8:30
    CLOSE PM7:00

    定休日

     

    FC2カウンター

    カレンダー

    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    三河弁     
    (記事に飛びます)

    じゃん  
    だら   
    りん   
    のんほい 
    いざる  
    きわ  
    おぼこい  
    だちゃかん  
    はだって  
    やぐい  
    ぎっと  
    はでる  
    しゃびしゃび  
    米をかす  
    鍵をかう  
    さばくる  
    ずくなる  
    ずつない  
    う〇こをまう  
    くるう  
    ちょうける  
    あたける  
    ひとねる  
    かたらして  
    はぶけ、はば  
    さらくい  
    とごる  
    のす  
    放課  
    にすい  
    ちみぐる  
    ぼう  
    べと  
    グロ、クロ  
    アラスカ  
    くすがる  
    ちょごむ  
    ざいしょ  
    へぼい  
    こすい  
    わや  
    たいげ  
    さげる  
    ひずるしい  
    ちんちん  
    ほせ  
    けった  
    ふんごむ  
    おうじょうこく  
    けっこい  
    らんごく  
    こわい  
    えらい  
    こんきい  
    やっとかめ  
    じゅるい  
    言葉と説明の記事が間違っていましたら お手数ですがご一報いただけますと幸いです

    砂文字会        
    終身名誉副会長

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    応援してます

    パソコン初心者のための
    「パソコン音痴同盟」



    小鳥頭同盟


    みんなの空


    頑張れ東北
    バナー

    QRコード

    QRコード