スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

彦根城 後編

さて彦根城の続きです

CIMG0840.jpg

天秤櫓を抜けるとやはり枡形虎口となっています

CIMG0842.jpg

天守に入る最後の砦

太鼓櫓です(時報櫓とも言うみたいです)

太鼓で時刻を知らせたからでしょうね



櫓にはいろいろ名前がりますが

太鼓櫓は結構メジャーです









やっと天守です

CIMG0844.jpg

下に石垣のようなものがありますが

昔はここが本丸で御殿(お殿様が普段生活する建物)などがあったと思われます



三重三階のコンパクトな天守です

CIMG0846.jpg

CIMG0845.jpg

CIMG0860.jpg


火灯窓が特徴です

800px-Window_of_katou.jpg

これはお城というか、神社仏閣によく用いられる型式の窓で

この天守自体もほかのお城からの移築だと言われていて

外から見ると狭間がありません

CIMG0850.jpg

中から見るとこのように穴が開いてますが

外からは見えません

あくまでも僕の推測ですが

この天守は戦よりも「お洒落」に気を使ったのではないかと思ってます(笑)

内部はこんな感じ

CIMG0851.jpg

最上階の火灯窓の内部です

天守から見た風景

CIMG0853.jpg
CIMG0855.jpg
CIMG0854.jpg
CIMG0856.jpg

天守ではない三重櫓

CIMG0865.jpg

帰りに見た天守裏側

CIMG0872.jpg


さあ、帰ろうと思ったら

実は道に迷ってしまってバスの集合時間に30分も遅刻してしまいました(;^ω^)










長々とありがとうございました m(__)m




ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
スポンサーサイト
2017-06-07 : 旅行 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

彦根城

先日、理容組合の日帰り旅行がありまして

行き先は


彦根城(^◇^)




なので、城好きとしてはここは参加してきました(*^-^*)





まず、バスに乗って

CIMG0821.jpg

関ヶ原で昼食

CIMG0822.jpg

CIMG0824.jpg


鉄板焼きで飛騨牛と近江牛を各40g

あまりの小ささに写真に撮るのを忘れました(笑)

到着

CIMG0832.jpg

CIMG0830.jpg

国宝のお城は

犬山城、松本城、姫路城と今回の彦根城だったんですが

最近、松江城が国宝に指定されました

今回、彦根城は初めてだったんですが

あと松江城に行かなければ、、、ちょっと遠いなあ(笑)


大手門から入ります

大手門というのはお城の玄関という位置づけの事が多いですね
CIMG0826.jpg

CIMG0827.jpg

ここに門があったと思われますが

綺麗な石垣です

切り込み継の積み方です

CIMG0831.jpg

坂を上って

CIMG0834.jpg

CIMG0833.jpg

天守に入るまでの道はこのように曲がっています

こういう構造を「虎口」と言いまして

これは桝形虎口ですね

この石垣の上に櫓があって(だろうと思われます)、

この櫓から鉄砲や矢で侵入した敵を討つようになっていたはずです


余談ですが
城に侵入させる前に外側で防衛する又は
自分の味方を外に先制攻撃するための構造を「馬出」と言いまして
丸馬出などの造りがありますが
去年某国営放送でやっていた真田丸は
この馬出を進化させた方法ではないかと思われます


さて、この彦根城の見どころの一つ

天秤櫓です

CIMG0835.jpg

この橋を渡って本丸に向かいます

CIMG0836.jpg

この橋を渡るには、右側の螺旋状の坂を上がって橋を渡るのですが

大勢の敵が攻めてきたときには、この橋に火をつけて

敵の侵入を防ぐようになっています

CIMG0837.jpg

CIMG0838.jpg

天秤というのは左右対称の意味合いだと思いますが

よく見ると、右の櫓と左の櫓の屋根の向きが違ってます

このような構造はとても珍しいので、これだけ見れて満足でした(笑)




長くなったので続きます

さすがに今回は2回で終わる予定です(笑)




ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
2017-06-03 : 旅行 : コメント : 26 : トラックバック : 0
Pagetop

世界遺産の旅 10

長々とすいませんでした

ついにオーラスです(^_-)-☆

さて、

仁和寺の御殿に入りました

CIMG0755.jpg

CIMG0748.jpg


素晴らしい庭ですね

龍安寺の
枯山水もいいんですが

静かです(*^-^*)





奥に進みます



CIMG0759.jpg

奥から見た石庭





CIMG0760.jpg

CIMG0763.jpg

CIMG0753.jpg

CIMG0764.jpg

CIMG0762.jpg

裏庭の石庭です



なぜか飾ってあった

CIMG0761.jpg

(笑)




お寺ですから(*^-^*)

CIMG0766.jpg

CIMG0768.jpg




CIMG0767.jpg

CIMG0769.jpg

CIMG0770.jpg

CIMG0771.jpg

CIMG0774.jpg


右近の橘

CIMG0773.jpg

ひな人形に飾ってある橘に似てるなあ






ここの御殿は小さいんですが、小さい中にギュッと見る所があって

僕は好きな場所でした

では帰ります





CIMG0775.jpg

CIMG0778.jpg

この時点で12時

さ、嵐電で帰ります

CIMG0781.jpg

お腹すいたなあ

何食べよう



子供は

ラーメン!!(笑)

CIMG0787.jpg

そういえば、明石焼きは食べたけど

昨日の夜は、フードコートで丸亀製麺だったし

京都っぽいものは食べてない(;^ω^)

次回の課題です(笑)




長々とありがとうございました

これにて、世界遺産の旅、終了です

豆兄弟の母さん、かのぼんさん

ご協力ありがとうございましたm(__)m





ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
2017-04-16 : 旅行 : コメント : 26 : トラックバック : 0
Pagetop

世界遺産の旅 9

さ、最後の世界遺産



仁和寺です

前回の龍安寺より徒歩10分ほどです


CIMG0730.jpg

僕的には、今回の旅行で他の所ももちろん楽しかったですが

1番好きでした

中門を過ぎて左にある

CIMG0731.jpg

この時は1分咲でしょうか、1週間遅かったらきれいでしょう

てくてく

CIMG0732.jpg



お?

CIMG0733.jpg

五重塔





国宝の金堂

CIMG0735.jpg

経蔵

CIMG0736.jpg

鐘桜

CIMG0739.jpg

御影堂

CIMG0740.jpg

では戻ります

てくてく

CIMG0744.jpg

二王門を内側から右に曲がると御殿があります








拝観料を払って御殿に入ります

CIMG0747_20170405093350059.jpg

CIMG0765.jpg

CIMG0749.jpg

御殿に入ると飾ってありました



おもてなしですね(^_-)-☆

あ、長くなりそうなので、続きます

次回いよいよ最終回デス




ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
2017-04-14 : 旅行 : コメント : 21 : トラックバック : 0
Pagetop

世界遺産の旅 8

申し訳ありません

幻の「8」です(笑)






実は、京都に旅行に来てますが



歴史は大の苦手です




なので詳しいことはわかりません

自分でググって下さい(笑)


城は構造が好きなんです
歴史に興味はありません<(`^´)>







小学生の時に修学旅行は京都奈良だったんです

歴史がめちゃくちゃで

二条城(江戸時代)、東大寺(奈良時代(8世紀))、金閣寺(室町時代1397年)に

行きましたが、時代背景がめちゃくちゃで

今回の龍安寺は1450年、鹿苑寺(金閣寺)1397年でほぼ同年代

次回の仁和寺は888年ですが、北野天満宮は947年でほぼ同年代

そう思ってみると、なかなか造りが

ああ、同じ空気感があるなあって思えます


ちなみに姫路城、

築城は1346年ごろと言われますが(今回の龍安寺と近いです)

今の姫路城の形になったのは1600年ごろ

二条城とほぼ同じ年代ですね




多少間違っていても、あきらめましょう
僕は歴史が苦手です(笑)









でもね

大人の修学旅行だと思うと

楽しいです

大人の修学旅行っていうツアー

どこか企画しないかなあ




前置きが長くなりましたが

龍安寺です



世界遺産です(^_-)-☆



石庭(枯山水)で有名ですね

鹿苑寺(金閣寺)と同年代です

すぐ近くにあります






北野白梅町駅から北野天満宮まで徒歩(10分)

北野天満宮から鹿苑寺まで徒歩(15分)





さて、鹿苑寺から龍安寺まで歩くか、と思ったら

目の前にバス停が、、、、、時刻表を見るとあと10分でバスが来る



近くにいた人に聞くと、

「ここから龍安寺までどのくらい?」

「近いよ、歩くと15分くらいかなあ、歩く人も多いよ」

「15分?」歩いていてバスに抜かれるのは心が折れるなあ




もう散々歩いたので、子供二人が

「歩きたくねえし!!」って言うので、

ここからバスで一人230円、3人で690円、、、、、

タクシーでもそんなに変わんねえなあ(笑)


まあ、バスを使うのも経験かあ、、、と思ったら

金閣寺から龍安寺まで激混みです

3人ならタクシーをお勧めします(笑)春休みだったしね


で、やっと龍安寺です(やっと、着いたか  笑)

CIMG0703.jpg

CIMG0705.jpg

池が綺麗ですねえ

CIMG0718.jpg

こういうせせらぎを見ていいなあと思うのは年を取ったからでしょうか?

それとも日本人だからでしょうか


中に入ります

CIMG0713.jpg

熱海辺りの大宴会場ではありません(笑)

ここ龍安寺は

CIMG0710.jpg

石庭で有名です

さ行きます

CIMG0712.jpg

CIMG0714.jpg


人多すぎ


しかも9割外人、、、、、

厳かな雰囲気の中で、静かに見たいものですが、、、、、

朝1番に入ったらもっと静かかな(´;ω;`)



ここは石庭もいいですが、庭が整備されていて

こちらの方が静かでよかったなあ


CIMG0707.jpg

CIMG0717.jpg

CIMG0724.jpg

CIMG0726.jpg

こういう「苔」を見て

綺麗だなあっていうのは、日本人だからでしょうね

苔を「美しい」と思ったのは今回が初めてです

鹿苑寺(金閣寺)もきれいでした(^^♪







さ、いよいよ最後の


仁和寺です(^◇^)






ランキングに参加しています

この記事が面白かったら、ポチッと(笑)
(^_-)-☆

にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ
2017-04-12 : 旅行 : コメント : 33 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

加夢

Author:加夢
加夢です
よろしくおねがいします

読み逃げ大歓迎
コメント大歓迎
ただ、記事に関係の無いサイト宣伝、商品宣伝など
のコメントは削除させていただきます
ご容赦願います

リンクフリーです。
基本的に相互リンクをお願いしているので、リンクされる場合には一言お声をかけていただくと嬉しいです。
その際こちらも貼らせていただきますが
アダルトサイトなど、当方が不適切だと判断されたサイトは相互リンクをお断りする事があります。
アダルトサイト大好きなんですけどね(笑)
よろしくお願いします。

営業時間

OPEN  AM8:30
CLOSE PM7:00

定休日

 

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

三河弁     
(記事に飛びます)

じゃん  
だら   
りん   
のんほい 
いざる  
きわ  
おぼこい  
だちゃかん  
はだって  
やぐい  
ぎっと  
はでる  
しゃびしゃび  
米をかす  
鍵をかう  
さばくる  
ずくなる  
ずつない  
う〇こをまう  
くるう  
ちょうける  
あたける  
ひとねる  
かたらして  
はぶけ、はば  
さらくい  
とごる  
のす  
放課  
にすい  
ちみぐる  
ぼう  
べと  
グロ、クロ  
アラスカ  
くすがる  
ちょごむ  
ざいしょ  
へぼい  
こすい  
わや  
たいげ  
さげる  
ひずるしい  
ちんちん  
ほせ  
けった  
ふんごむ  
おうじょうこく  
けっこい  
らんごく  
こわい  
えらい  
こんきい  
やっとかめ  
じゅるい  
言葉と説明の記事が間違っていましたら お手数ですがご一報いただけますと幸いです

砂文字会        
終身名誉副会長

リンク

このブログをリンクに追加する

応援してます

パソコン初心者のための
「パソコン音痴同盟」



小鳥頭同盟


みんなの空


頑張れ東北
バナー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。